ワイン通販、おすすめの理由があります。


ただでさえ、たまにしか買わない「ワイン」。

デパ地下や近所のスーパーで十分、わざわざ通販で買わなくったって・・・とお思いでしょうか?

いえいえ、おいしいワインをお手ごろ価格で入手するなら、実は「通販」こそが一番向いているのです。 いや、むしろ「本当においしいワインは、通販でないと入手が難しい」とすら言えるかもしれません。


その理由として、まず「品ぞろえ」があります。 おいしくて良いワインはどうしても、その生産量が限られています

ましてや世界中の愛好家から注目されているワイナリーの作品やビンテージものとなると、最初からその絶対的割当量が限られています。

あなたの街にある小さなワインショップまでは、現実にはなかなか回ってきません。


しかし日本全国に顧客を持つ、営業実績のあるネットのワインショップに対しては、輸入業者も一定の配慮をして、通常はある程度の数を割り当てているものです。

つまり、レアな一品であってもタイミングさえ逃さなければ、あなたがそれを入手できるチャンスは十分あるのです。


また近所のスーパーやコンビニにとって、個々のワインのおいしさや個性よりもっと大事な仕事は、「一定の品質のワインを、店頭で欠品が起きないよう、安定的に供給すること」

POSデータを駆使して分析した最も売れ筋の1,000円前後の商品を、チェーンの本部が一括して仕入れていきます。

したがって店頭で見るラインナップは、比較的大量生産に向いたフランスのボルドー、あるいは関税が低くて価格を押さえやすいチリなどいわゆる「ニュー・ワールド」のワイン、さらには輸入ぶどう果汁を混ぜてコストを抑えた国産ワインなどに、どうしても偏りがちになるのです。

スーパーやコンビニでは、利益と品質のバランスをとりつつ機会損失を出さないために、個性的なおいしさにはある程度目をつぶった品揃えにせざるを得ないのですね。


さて、通販ならではの「価格」の手頃さも、もちろん見逃せません。

ワインに限りませんが、ネット通販は一般にリアルの店舗に比べると、広告費や・人件費、光熱費などの店舗維持費がかかりません。

ショップ側としては優良なワイン愛好家を、あの手この手を駆使して、自社顧客として囲い込みたいのが本音です。

そのため、固定費を浮かせて捻出した余力の多くが、ワイン販売価格の引き下げや、顧客むけの限定サービスのかたちをとって還元されます。

そのようにしてネットショップのブランドを差別化することにより、顧客の評判も上がり固定客の質も高まるため、顧客単価が安定的に増加しやすくなるのです。


1,000~3,000円台の価格帯にも、優れたワインが実にたくさんあります。

ただし、お間違えなく。安くてもおいしいワインがたくさんあるのは事実ですが、残念ながらワインは「価格とおいしさが割と素直に比例」しているお酒でもあるのです。


国・産地・生産者・ぶどう品種などが同じなら、安いものよりは高いほうがさらに美味しいと考えて、まず間違いないでしょう。したがって記念日に奮発していつもより高いワインを買うのは、まったく正しいワインの選び方なのですね。


嬉しいことにネット通販の発達した今日は、近所の酒屋さんでワインの瓶にぶらさがった「金賞ワイン」の宣伝文句につられて買うのと同程度の出費で、通販で高品質のワインを手に入れることができます


ちなみに、世には「ワインの◯◯コンクール」なるものが大変多いようですが、必ずしもすべてが権威あるものばかりでもないことは、おぼえておくとよいでしょう。

もちろん歴史と名誉のあるコンクールも確かに存在しますが、その一方、ワインを売らんがためにわざとコンクールを開催する事例も少なくないようです。


『多くは誰が主催しているのか、どういう選考をしているのか、誰がジャッジになっているのかなどについて、ほとんど説明不能のワインショーも横行』した結果…。

たとえばオーストラリアでは、『ワイン業界の自主ルールとして、2005年のヴィンテージより、公認されたワインショー以外の受賞シールをボトルに貼ることを禁止』しているそうです(上記『 』内引用:WORLD FINE WINES on line 2006年10月記事「金賞受賞の怪」)。


さて、ワイン通販店をおすすめするもうひとつのメリットとしては、「ワインの保管体制の充実」があげられます。

ネット通販ワインショップの中には、収容能力の巨大な保管倉庫を、自社で保有するお店もあります。

実績あるワイン通販サイトなら必ず「自社のワイン保管体制」についてきちんと説明してあるはずなので、チェックしておきましょう。


買う一人一人にとって、ワインの楽しみは一生もの。「ワインそのものに造詣が深く、加えてその保管と発送に独自のノウハウを持った、実績と定評のあるワイン通販の専門店」を選びたいものです。


では専門店の選び方は?…となりますが、 通販店の中には有名ソムリエを擁していることをアピールするお店もある一方、独自の入手ネットワークを駆使してレア物や特定地域のワインに特化することにより、アットホーム感を演出するお店もあります。


「自分の生活スタイルに、ワインをどう取り入れたいか」をイメージしつつ、それぞれの通販店の特長を踏まえて、自分のニーズにピッタリのお店と長くつきあえたなら最高ですね。


最後に、買い手にとって見逃せない細かいポイントも見ておきましょう。

まず「送料」ですが、ちゃんとしたお店なら必ず、定温配送が可能な「クール便」の利用を勧めているはずです。

したがって「送料+クール便代金」をワンセットで考えていくと、繰り返し利用する場合はそれが結構な金額に達することになります。


「送料無料」の対象になる購入金額は何円以上からか、あるいは随時「送料無料キャンペーン」を行っているかどうかなどは、事前に確認しておきたいところですね。

そのほかにも、ひとつのお店と長くつきあうのなら「会員ポイント制度」「おトクなキャンペーンの有無」なども、必ずチェックしておきましょう。


ここではおすすめしたい定評あるワイン通販専門サイトにつき、その特長と共にご紹介します。



イーエックス(eX-WINE)

  • ワインショップ イーエックス(eX-WINE)』は、ワイン業界のプロフェッショナルが共鳴・集結し、作りあげたネット通販サイト。厳選した高品質ワインを安心して気軽に買える、通販システムを完備。

  • 世界中から輸入したワインを、「生産者別」「こだわり別」「産地別」「シーン別」「リアルタイムランキング」といった様々な切り口でご提案。世界第3位のソムリエ、石田博氏が総合監修。

  • 万全の管理体制のもと、ワインは24時間365日大切に保管。

  • トップソムリエによるコラムや、ワイン産地在住スタッフからの最新情報など、ワインセラー・ワイングッズなどの関連商品も含めた幅広いワイン情報をお届け。

  • ポイントがたまる、おトクな会員システムをご用意。次回以降のワイン購入に使えます。


京橋ワイン

  • ココロに届くワインショップ『京橋ワイン』は、創業以来11年。楽天市場「ショップ・オブ・ザ・イヤー賞(ワインジャンル大賞)」を、2004~2006年まで3年連続で受賞。2万店を超える楽天市場店舗で「トップ50」に入る、自社本店サイトです。

  • 取り扱いアイテム1,500以上。毎日、新商品を追加中です。

  • 会員向けポイントシステムをご用意。ご購入金額に応じ、会員ランク別にキャンペーン・優待メルマガ等の特典が受けられます。

  • 激安ワイン~稀少限定ワインまで、特集テーマ別の厳選ワインをご紹介。赤・白・スパークリング別に、最新の購入ランキングもご覧いただけます。

  • 購入1万円以上で、送料無料+クール便/代引き手数料が無料。


ワインショップソムリエ

  • 東京・六本木でワイン・シャンパンの実店舗を運営する、スタッフが全員ソムリエの『ワインショップソムリエ』。

  • ネットショップにおいても、ソムリエ自らが、おすすめワインのセレクト・販売を行っています。

  • ヨーロッパ・南米・オーストラリア等の現地生産者から直輸入・直販しており、余計な中間マージンがかかりません。毎日15時まで頂いたご注文は、年中無休で即日配送。

  • 約5,000本を収納できる地下セラーにおいて、13~15度の定温・70~75%の定湿環境でワインをしっかり保管。最新鋭の自社所有ワイン専用倉庫から、最短距離で高品質ワインをお届けできる体制を整えています。

  • ソムリエ厳選・ワインセット人気ランキングBest3が好評。タイプ別・生産者・国(産地)・シーン別など、おすすめのワインを様々な角度から、単品&セット別にご用意。
    おトクな送料無料のワインセットもあります。

  • 送料は全国一律806円(税込・クール便は+200円)。12本単位のご注文で送料無料となります。期間限定でポイントアップキャンペーンを実施中。



TOPPAGE  TOP 
Copyright© ワイン通販 おすすめサイトの選び方 All rights reserved.